胸を大きくする方法

ある程度身体に脂肪量があれば、バストアップは簡単にできる!

胸が大きくなりやすい人と、そうでない人の違いは「(身体)全体の脂肪量」

ある程度脂肪がある(aカップ以上)人であれば、バストアップは比較的簡単にできます。

「今まで何をやってもダメだった」という人は、胸が育たない根本的な原因と、解決法を知らずに正しいケア方法を実践できていなかったから大きくならなかったんです。

体型

胸が育たない原因は、バストの下垂や乳腺の未発達、ブラジャーのつけ方・選び方の間違い、 肩甲骨のサビつき、冷え、内臓機能の低下、ホルモンバランスの乱れなど様々あります。

「胸にしっかりと栄養を行き渡らせる」ように食事改善で内側からケアしていく事ももちろん大切ですが、 aカップ以上ある人の場合はエクササイズだけでも「2カップUP」は比較的簡単にできます。

何故なら、ほとんどの女性は「バストを理想位置で安定させる力」が低下しているから。 安定させる力が低下すると、バストは下垂してしまいます。これが原因で本来のバストサイズよりも小さいと思い込んでいる人が多いのです。

理想位置で安定させて、バストの下垂を解消するだけで2カップは簡単にUPできます。

猫背(肩甲骨のサビつき)を解消すれば、”胸が育たない”ほとんどの原因を解消できる!

背中には、身体が正常に機能するための”大事な神経”が通っています。背中が丸まる事によってその神経が圧迫されてしまいます。

背中

圧迫されるのは神経だけではありません。内蔵にも負担がかかりますから、内蔵機能の低下やホルモンバランスの乱れに繋がります。

背中が丸まった状態だと”血液・リンパ”の流れも滞るので、胸にしっかりと栄養を行き渡らせる事ができなくなり、乳腺が発達しない原因にもなるのです。

バストを理想位置で安定させる力にも、肩甲骨まわりの筋肉は深く関係しています。

胸部にある小胸筋が肩甲骨と繋がっていて、肩甲骨を浮かせると小胸筋が引き上げられる事で、バストを理想位置で安定させているのですが、 肩甲骨がサビついてしまうと、浮かせる事ができず、小胸筋を引き上げる事ができないのです。

猫背(肩甲骨のサビつき)はスタイルが悪く見えるだけでなく、バストを理想位置で安定させる力も低下させてしまいます。

なので、エクササイズには「肩甲骨のサビつきをとる」動作がマストになります。これが入っているかいないかで、結果に大きく差がでます。

このページの先頭へ