胸を大きくする方法

胸の位置が悪い(垂れている)と、サイズも1~2カップ下がる!?

バストには、理想的な位置があります。

位置が悪いとサイズは下がる

左右のバストトップと、鎖骨の中心を結んだ、正三角形のトライアングルが”理想位置” そこから下がれば下がるほど、バストサイズも下がってしまうのです。

一般的に言われているサイズの測り方は、”トップとアンダーの差”で決まりますよね?

胸が下垂している状態で測ると、理想位置にある状態で測るよりも差がなくなります。 それに伴って、サイズも下がるのです。

鏡の前で、確認してみて下さい。左右のバストトップと、鎖骨の中心を結んでみて下さい。

「正三角形」になっていなければ、あなたの胸は垂れています。信じられないかもしれませんが、あなたのバストサイズは本当は今よりも1~2カップ上なのです。

バストマッサージ

ランジェリー店で測ってもらったサイズのブラジャーが合わない理由

2,000~3,000円の安いブラジャーを扱っているランジェリー店でサイズを測ってもらうと、 ”理想位置で固定されているかどうか”を気にせず、そのままトップとアンダーの差を計られるので、 ほぼ間違いなく「本来あるべきバストサイズ」よりも下のブラを勧められます。

ワコールなど、それなりに高い値段のブラジャーを扱っているランジェリー店であれば、 しっかりと理想位置に持ち上げた状態で測ってくれるので、「本来あるべきバストサイズ」を正確に知ることができます。

でも、いざそのサイズでブラジャーを買ってみても「上部分にすきまが・・・」という経験ありませんか? これは、ブラのつけ方の間違いから起こります。

悲しいことに、日本人女性の8割はブラのつけ方を間違えていると言われているのです。

理想位置で測ったサイズのブラは、”理想位置でつける”ことが大前提!

お店で試着した時はぴったりだったのに、自分でつけると隙間ができてしまうのは、そこから下がった状態でブラをつけているから。

ブラジャーを外した時、バージスラインよりも下にワイヤーの跡があったら要注意!
正しいブラジャーのつけ方をマスターして、理想位置で支えてあげましょう!

このページの先頭へ