胸を大きくする方法

バストアップに効果的な睡眠のとり方

質の良い睡眠をとることができると、胸にしっかりと栄養が行き渡り、バストが育ちやすい(体内)環境をつくる事ができます。

これは胸だけでなく、美肌やダイエット、デトックス、アンチエイジングなど、美容全てに良い影響を与えます。 睡眠は女性の美と健康を維持する為に、とっても大切なのです。

さて、そんな嬉しい効果をもたらしてくれる”質の良い睡眠”をとるにはどうすれば良いのでしょうか?

できるだけ夜12時までに寝る

睡眠とバストアップ

ゴールデンタイムは有名ですよね。

夜10時~深夜2時の間は、成長ホルモンの分泌が一番活発になる時間帯ですから、この時間にかぶせて睡眠をとるように すると、「細胞の修復&再生」や「栄養の供給」機能がフル活動できるようになるのです。

睡眠があまりとれていない時は、肌が疲れていたり、身体がだるかったりしますよね。 これは、眠っている間に行われるはずの「細胞の修復&再生」や「栄養の供給」が、十分に活動できなかった為に起こります。

夜10時・・・は難しいと思うので、12時までには布団に入るように心がけると、バストが育ちやすい(体内)環境 を作ることができます。

12時までに寝るなんて・・・「無理」

「12時までに寝るのが良い」と言われても、「いや、そんなのムリだよ」という人がほとんどだと思います。 かく言う私も、いつも寝るのは深夜1~2時です。 偉そうに早く寝ろなんて、とても言える立場ではありません(´;ω;`)

コールデンタイムを利用できない場合は「しょうがない」と諦めて、別の良い睡眠方法を探しましょう。

夜型の人は、できるだけ1~2時までには眠れるようにしよう!

私は夜型人間なので、昔は3~4時・・・下手すると朝方に就寝なんて事もしばしばありました。 これはどう考えても、間違いなく最悪です・・・

バストの為にも、美容のためにも、質の良い睡眠はとりたいけど、早い時間に眠るなんて絶対無理!という場合は”深夜1~2時までに寝る”ように心がければOKです。

無理に12時までに寝ようとすると、それがストレスになってしまう危険があるので、心も身体もしっかりと休める事ができる習慣を、あなたのペースでつくりましょう。

体内時計に合わせて睡眠をとろう!

人間の身体には、体内時計というものがあって
それぞれの時間ごとに役割が決まっています。

体内時計

  • 朝4時~昼12時:排出(老廃物を外に出す)
  • 昼12時~夜8時:消化・吸収(胃腸を活発に動かす)
  • 夜8時~朝4時:修復・再生(新しい細胞を生み出す)

つまり、夜8時~朝4時の間にかぶせて睡眠をとれば、”細胞の修復&再生機能”はしっかりと活動してくれるのです。

ちなみに、成長ホルモンの分泌は、眠りについてから30分~3時間がピークです。

深夜1時までに眠れば、”細胞の修復&再生機能”が活動する時間にギリギリ被るし、成長ホルモンの分泌量がピークになっている 時間ともかぶります。

2時だとちょっとずれてしまいますが、それでも少しは被っている時間があるので

(昔の)私のように深夜3~4時くらいまで平気で起きていられる完全夜型人間の人は、最初は「2時までに寝る」のを目標にした方が、長く続けられます。

そこから1時半、1時・・・と少しずつ早く眠れるようにトライしてみて下さい。

そこまで夜型じゃない場合は、12時までに。お肌のゴールデンタイムと言われている夜10時までに眠れたらなお理想的です。

サプリ

成長ホルモンが、バストの成長をサポート!

 

このページの先頭へ