胸を大きくする方法

眠り始めの3時間、大量に分泌される「成長ホルモン」がバストアップにも良い影響を与える!

成長ホルモンは、壊れたり古くなったりした細胞を修復&再生して、新しい細胞に生まれ変わらせる役割を担っています。

成長ホルモン

例えば、夜お酒をたくさん飲んだ時・・・

お酒を飲むと、肝臓の細胞は壊れます。壊れたままだと、アルコールの分解ができなくなりますから、 そのうちお酒が飲めなくなってしまいます。でも、夜眠っている間に成長ホルモンが働いて、 壊れた細胞を修復&再生することで、肝臓は毎日同じように活動できているのです。

指を切ってしまった時なんかも、2~3日も経てば傷はだんだん目立たなくなりますよね。

これも、眠っている間に働く成長ホルモンのおかげで、傷口の壊れた細胞が修復され、古い細胞をが剥がれ、新しい細胞 に生まれ変わることで、皮膚をもとの状態に戻そうとしてくれているのです。

身体の各細胞・器官の働きに大活躍している”成長ホルモン”は
「胸に栄養を行き渡らせる」バストアップにおいても重要な役割を担っています。

起きている間に摂取した食べ物は、眠っている間に代謝され、体内に栄養が行き渡ります。

バストアップに効果的とされる(ホルモンバランスの乱れを整える)食べ物を栄養として吸収させる為には、 成長ホルモンの分泌を活発にしてあげる必要があるのです。

「ノーブラで寝る」のは危険!?

乳首の黒ずみが気になる・・・

このページの先頭へ