胸を大きくする方法

胸の構造ってどうなってるの?

乳房は、大きく分けて乳腺と乳房脂肪体で形成されています。9割が脂肪で、1割が乳腺。乳腺は母乳を分泌させる為の器官で、脂肪はその器官を守るために存在しています。

胸の構造

母乳は赤ちゃんの栄養源として、非常に重要な役割を担っていますよね。 だから、胸の脂肪は他の部分と比べてたっぷりとつくようになっているのです。

ちなみにお腹やお尻に脂肪がつきやすいのも”子宮を守る”為。

女性の身体は子供を生み育てる為に、全体的に皮下脂肪が多く、特に重要な組織(乳腺と子宮)周辺は、よりたくさんの皮下脂肪で守られています。

胸周辺の「内臓・骨格・筋肉」の構造はどうなっているの?

胸の近くにある内臓といえば、心臓や肺がありますよね。これらを守るために”胸郭”という、カゴのような構造をしている骨格が存在しています。

脊柱(せきちゅう)という大きな柱(背骨)から、12個の”胸椎”と、24個の”助骨”と、1個の”胸骨”によって繋がっている胸郭。 この骨組みが、バストを支える土台の一つとして役割を担っています。

胸郭を支えるように、大胸筋や小胸筋、肩甲骨周辺の筋肉(左右合わせて34個ある)が存在していて、 それぞれの筋肉が上下左右に引き合う事で、バストは安定して、立体的なふくらみを維持する事ができるのです。

しかし、生活習慣によって骨格バランスが崩れると、胸郭に歪みが生じます。

それに伴って、肩甲骨周辺の筋肉や大胸筋・小胸筋といった”筋肉の歪み”も生じます。するとバストを支えている筋肉バランスが崩れ、凝り固まり、 周辺の血流やリンパの流れが滞り、栄養の供給がうまくいかなくなります。

これによって、バスト上部のふくらみがそげたような感じになったり、鎖骨下のあたりが骨っぽくなってしまったり、ハリがない下垂した胸になってしまったり、 ふくらみが全く育たない状態を招いたりするのです。

バストのふくらみは、女性ホルモンの分泌量も関係しているので、 体内バランスが崩れて女性ホルモンの分泌が妨げられている場合も、胸が育たない原因となります。

ですが多くの場合は、バストを支えている”骨格”と”筋肉”の歪みを整えて、血液やリンパの流れを良くしてあげるだけで、ふくらみが劇的に育つようになります。

それだけ、骨格&筋肉のバランスは「バストの立体的なふくらみ」に深く関係しているのです。

このページの先頭へ