胸を大きくする方法

ストレスを軽減するには、どうすれば良い?

ストレスによって脳がダメージを受けると、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

ストレス

自律神経が乱れると、心身ともにあらゆる不調が起こります。

「自律神経失調症」頭痛や肩こり、筋肉や関節の痛み、めまい、立ちくらみ、怠惰感、不安感、吐き気など・・・

これに連動して、女性ホルモンのバランスも崩れてしまうので、

「自律神経が正常に機能する」ようにすれば、ホルモンバランスの乱れが整い、ストレスも緩和されます。

日々の生活のなかで、上手くストレスを緩和していかないと、どんどん蓄積されて大変な事になりますから、 「発散法」はいくつか持っておいた方が良いです。

お酒や甘いもので発散しようとすると、一時的にラクにはなりますが、 過剰に摂取することによって身体に悪影響が及んでしまうので・・・

カラオケや、泣ける映画、笑えるテレビ番組など、感情を表に出せるような事をする(観る)ようにすると良いでしょう。

あと、ノートにその日あった嫌な出来事を書いて、ビリビリに破り捨てるという発散法もオススメです。 嫌な感情を紙に全部乗り移らせて、破くことで気持ちをスッキリさせるのです。

私もどうしようもなくイラついた時にやっています。結構スカッとして、良いですよ!

自律神経をコントロールする、入浴と良質な睡眠

ストレスを上手く発散しながら、日々の生活でより自律神経をコントロールする為に、入浴と良質な睡眠が大切です。

睡眠

入浴は、その日の気分によって半身浴と、全身浴を使い分けてみて下さい。

睡眠の質を高める為に、布団に入る1~2時間前につかるようにして、副交感神経を刺激するようにしましょう。

人間の身体は、眠りにつくとき、体温が急激に下がります。

入浴効果で体温を高めて、体温が徐々に下がり始めた頃に布団に入れば、気持ちよく睡眠状態に入る事ができるのです。

このページの先頭へ