胸を大きくする方法

卵巣を守っている「骨盤」の歪みを整えよう!

女性ホルモンを分泌している「卵巣(らんそう)」卵巣は、骨盤に守られています。

骨盤

骨盤は、一定のリズムで開閉するしくみになっていて、仙骨と腸骨をつないでいる部分の関節が、筋肉の動きに連動して 開いたり、閉じたりすることで骨盤を安定させているのです。

実は、この筋肉(開閉)の動きを促しているのは”自律神経”。

骨盤の歪みを整えて、筋肉がスムーズに動くようになると

自律神経のバランスが整い、女性ホルモンの分泌バランスも整って、 身体や精神的な不調も改善されてくるのです。

「骨盤のゆがみは下半身太りのもと!」なんてよく言いますが、下半身太りだけでなく、心身の健康にも影響が及ぶ重要なパーツになります。

生活習慣の乱れによって、

開きっぱなし、閉じっぱなしの状態になっている女性は非常に多いので、軽めの運動やストレッチで 整えていきましょう。

骨盤の歪みを整える運動とは?

ヨガや太極拳、ストレッチ、20~30分のウォーキングなど様々ありますが、 こんな簡単な方法もあります。

四つん這いの状態で、お尻をグルグルと左右10回ずつまわすだけ。とっても簡単ですよね(#^.^#)

是非、試してみて下さい。

骨盤と肩甲骨は連動している!

骨盤と肩甲骨は連動しています。肩甲骨がゆがんでいれば、骨盤もゆがみ、骨盤が歪めば肩甲骨も歪むのです。

しかも、肩甲骨は周辺の筋肉がかたくなってサビつくと、

背中が丸まって猫背になり、バストが理想位置より下がったり、胸に上手く栄養を送ることができず、 立体的なバストを育てることができなくなります。

簡単なストレッチと、リンパケアで

骨盤のゆがみを整えながら、肩甲骨のサビつきをとってあげれば、 女性ホルモンの分泌バランスを整えて、バストの成長をより促す事ができますよ。

このページの先頭へ