胸を大きくする方法

女性ホルモンはどうやって分泌される?

女性ホルモン

女性ホルモンは2種類あります。

エストロゲン(卵胞ホルモン)

肌や髪をツヤツヤにしてくれたり、女性らしい丸みを帯びた身体にしたり、 フェロモンオーラを纏わせてくれたり・・・

美容に嬉しい効果が満載。骨や血管を強くするなど、生命維持に関わる働きもあります。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

子宮内膜をふかふかにしたり、体温を上げたり、妊娠・出産に関わる働きをします。

このホルモンの分泌が盛んな時期は、肌荒れや便秘、怠惰感などが起こるので、「やだなぁ・・・」と感じることが多いですが、 いつか授かるベイビーの為、宿命だと思って受け入れましょう。

あまり症状がひどい時は、低用量ピルを飲むのをお勧めします。

この2種類のホルモンは、脳の視床下部からの指令によって、卵巣から分泌されます。

ホルモンバランスが乱れると、重い生理痛やPMSに・・・

一方の分泌が盛んな時は、もう一方が減少するしくみになっている為、エストロゲンの分泌が盛んな時(生理後2週間)は 肌やココロの調子が好調になり、

プロゲステロン(生理前~生理中の2週間)の分泌が盛んな時は、 肌荒れ、眠気、便秘、腰痛、イライラ、不安感、うつ状態など・・・ココロもカラダも不調になります。

ホルモンバランスの周期による変化なので、こういった変化があるのが普通です。変化と言っても、「プチ不調」程度で済むはずなのですが、

重い生理痛や、PMSに悩まされている場合は、「ホルモンバランスの乱れ」が原因。

強いストレスや、食事、生活習慣の乱れなどがあると、どうしてもホルモンバランスが乱れ安くなってしまうので、

できるだけストレスを緩和したり、健康に良い食べ物を積極的に取り入れたり、適度な運動をするなどして、 体内環境を改善してあげましょう。

このページの先頭へ