胸を大きくする方法

肩甲骨の歪みを改善するストレッチ方法

↑個人的に一番簡単だと思うストレッチ方法です。

手を組んでグーっと前に伸ばすだけなのに、肩甲骨周りの筋肉が気持ちよく伸びてくれます。

狭いスペースでも気楽に行えるのでオススメ。
毎日続けていると、ガチガチに凝り固まっていた筋肉が徐々にほぐれて歪みも整ってきます。

肩甲骨の歪みは、バストの成長を妨げている「根本的な原因」

当サイトで紹介している「バストの成長を深刻に妨げている3つの原因」

  • バストの下垂
  • 乳腺の未発達
  • ブラジャーのつけ方&選び方の間違い

肩甲骨

この3つは、肩甲骨の歪みが根本的な原因となっています。

バストを支える土台となっている部位の一つである「小胸筋」と繋がっている肩甲骨が歪むと、胸を安定させる事ができなくなって下垂を招き

胸部の筋肉(小胸筋・大胸筋)が歪んで凝り固まる事で、血液やリンパの流れが滞り、乳腺の未発達に繋がります。

そして、ブラジャーを正しい方法で着けても「バストを理想位置で安定させる筋力バランス」が整っていないと、ブラの力だけで理想位置を保つのは難しい。

冷え、内臓機能の低下、ホルモンバランスの乱れなど様々な「バストの成長を妨げる原因」も、この3つが解消されれば自然と改善されます。

下垂が解消されてバストを理想位置で安定させる「筋力バランス」が整えば、
内臓の圧迫(背中が歪んでいると、内蔵は圧迫される)も解消されて
内臓機能”も正常に働くようになりますし、

乳腺の未発達が解消されて、血流やリンパの巡りが良くなれば、”冷え”も同時に改善されます。

ホルモンバランスの乱れは、内臓機能の低下や、慢性的な冷え性が影響していますから、これらが解消されれば、自然と女性ホルモンの分泌バランスも整ってくるのです。

肩甲骨の歪み改善は、バストアップへの一番の近道!

オススメの「バストアップエクササイズ」

胸のふくらみを立体的に育てる為には、肩甲骨の歪み改善の他にも、いろんな角度からアプローチする必要があります。

バージスラインをクッキリさせるエクササイズや、リンパの流れを良くして乳腺の発達を促すマッサージ、 バストを理想位置で安定させるエクササイズなど・・・

「難しそう」「大変そう」と思うかもしれませんが、大丈夫!

毎日続けられる内容でないと意味がないので、簡単でストレスなく続けられる方法を紹介します。プログラムの中に「肩甲骨の歪み改善ストレッチ」も組み込まれています。

 

「aカップ以上ある」か「aaカップ」なのかで
”結果が出るまでの期間”とオススメするエクササイズ方法が異なります。

当てはまる方をクリックして下さい。

aカップ以上
aaカップ
基本のバストケア +α体質改善(3カップ以上UPに必須!)
 

このページの先頭へ